SONY SmartWatch2 SW2 雑感

SONY Smartwatch2 SW2
SONY SmartWatch2 SW2 2013年発売

SONY SmartWatch2 SW2


2013年にソニーより発売されたスクウェアフェイスのスマートウォッチ。
一世代前のモデルとだけあって随分値段がこなれてきていたので手に入れました。
「カシオじゃないし、SW2ってなんで今さら!?」って事は...おいといて...
今日はSONY SmartWatch2 SW2についての雑感を。

実は今回目的がありまして。
スマートウォッチとなると様々な機能がてんこ盛りで便利な代物の反面、
スマホでしたほうが良いなという機能が多くまだまだ洗練されていないジャンルだと思ってます。
ただ、僕がスマートウォッチに求めている物は2つのみでした。

1.スマホの着信をバイブで知らせて欲しい!

2.ウォッチフェイスを自分好みにカスタマイズしたい!

もちろん、着信はバッチリ!スマホに電話がかかってくると左手がブルブルして着信を逃してしまう事がありません。
これだけならCASIO G-SHOCKにもありますよね。
と、まあもう一つのウォッチフェイスのカスタマイズが本当に試してみたかったことなのですが...

SONY Smartwatch2 SW2
アナログチックなウォッチフェイス

ウォッチフェイスを変えてカスタマイズ自由のはずが!?


調べてみるとあれ!?あれ!?といった状態。
ウォッチフェイスをダウンロードして来て変更というのは出来るのですが、
純正以外の物はウィジェット扱い。
つまり、何かのタイミングで終了してしまうし待機状態では表示されない。
SmartWatch2が他のスマートウォッチと違って優れている所は
バックライトオフの時でも時間がよめるディスプレイを搭載している事なのですが、
純正以外のウォッチフェイスは待機状態では表示出来ない。

SONY Smartwatch2 SW2
バックライトオフ状態でも時間がわかるのは時計として普通だけど凄く良い

しかも純正のウォッチフェイスは数が少ない...。
でもこれは仕様のようでどうにもできないみたいでした。

「CASIO F91Wみたいなウォッチフェイスとか...出来ない...。ガッカリ。」

AppleWatchやMoto360なんかだと出来るみたいですが、その辺はお高いので諦めてシンプルなウォッチフェイスに落ち着きました。
電池持ちならAppleWatchやMoto360にも負けませし最新型のSmartWatch3より好みのデザイン!



結局、着信バイブ腕時計として他の機能は使う気もないのですがバッテリーも3日くらいは持ってますしこれはこれで気に入りました。

評価のわかれる所ですが、ふにゃふにゃやわらかい幅広のシリコンラバーベルトも中々良い感じです。
でも夏場を考えると今後、メタルバンドに交換かな。



24mm幅のバンドは限られているので選択肢が少なくここもカスタマイズの幅はせまいです。
とりあえず今はキズ防止フィルムを貼っただけでノーマル状態です。
SONY Smartwatch2 SW2
付け心地の良い24mm幅のシリコンラバーベルト

ともあれ当分はSmartWatch2を常用します。
以上、本日はチプカシネタではなくすみませんでした。



オマケ

数年前に買ったけど使ってなかったFLUCOの22mmのパイロットウォッチ用の分厚くごついレザーバンドをつけてみました。
これはこれで良いかも。

FLUCO




コメント